にきび予防をするためには

にきび予防をするためには

にきびとは、毛穴に古い角質や皮脂がつまることによって起こる皮膚の炎症性疾患です。


思春期にできるものと、大人になってからできるものがあり予防するためには原因の違いによって対処していくことが大切です。

思春期にきびは成長ホルモンによって皮脂の分泌が活発になることで引き起こされます。対して大人にきびはストレスや不規則な生活などによって男性ホルモンが増えたり乾燥したりすることで引き起こされます。



予防するためにはどちらとも過剰な皮脂を取り除くことが大切です。


洗顔し過ぎなども増えてしまう原因になるため1日一回低刺激な洗顔料で洗うことで、肌に必要な潤い成分を必要以上に取り去らずに洗顔することや古い角質を取り除くピーリングをスペシャルケアとして週に1回行なったりするなどが予防に繋がります。皮脂をとるためにあぶらとり紙を利用することもありますが、皮脂をとりすぎるのも乾燥へと繋がり肌のバリア機能が低下してにきびや肌荒れに繋がってしまうため注意が必要です。



また、保湿も重要となってきます。
肌の柔軟性を保つためにもセラミドなどの保湿成分が配合されたスキンケア用品を利用して肌のうるおいをキープすることも予防になります。
大人にきびの場合には、不規則な生活などが原因であることも多いため生活習慣を見直して睡眠時間を確保したり運動をして汗をかくようにするほか、バランスの良い食事をすることなどで肌のターンオーバーを正常にすることも効果的です。

日経メディカルの情報がわかりやすく紹介されています。