にきび予防に便秘は大敵

にきび予防に便秘は大敵

にきび予防は男女ともに悩ましい問題となっていますが、中でも女性に比較的注意が必要なポイントとして覚えておきたいのが「便秘」です。

もちろん便秘自体は男性だろうと女性だろうとなるものなのですが、筋力やホルモンバランスの影響によって女性の方が便秘が多いというのはひとつの事実です。

さて、ではどうして便秘がにきび予防と関係するのか、それは腸内に溜まった便からでる毒素が関係しています。

共同通信社情報を豊富に提供しています。

言うまでもないことですが人の大腸の中には栄養や水分を吸収し終わった後の老廃物である便が蓄積されています。
これがスムーズに排出されている場合には何の問題も無いのですが、便秘が続く状態になってしまうと毒素が体内に入り込んでしまい、また長くとどまっている便は水分が失われて硬くなってさらに便秘を悪化させることに繋がります。



毒素が体をめぐってしまうと皮膚の抵抗力などは弱まってしまいますからにきびが出来やすくなり、結果としてにきび予防には悪影響が出てしまうのです。



では便秘を改善するにはどうすれば良いhのかというと、重要なのは食生活の見直しと適度な運動です。

食生活の見直しとしては一日三食野菜を取り入れたヘルシーな食生活、運動は軽いウォーキングのような有酸素運動を取り入れることが効果的です。

特に野菜を取り入れた食事はにきび予防においても各種のビタミンの補充として非常に意味のあることとなっていますから、日ごろの食事を見直して野菜不足だと感じたのであれば積極的に野菜を食卓に取り入れていくようにしましょう。