にきびの原因と予防の方法

にきびの原因と予防の方法

にきびというと思春期にできるものと思いがちですが、大人になってからもできます。

できやすい体の部位は、顔と背中です。

思春期にできるものと、大人になってからでは、それぞれの原因は異なりますが、できるメカニズムは一緒です。
どんなにきびも毛穴の中のアクネ菌が繁殖してできます。
その繁殖の原因ですが、思春期は成長によるホルモンバランスの変化の影響が大きく、その特徴はTゾーンなど皮脂の分泌が多い場所にできやすいです。
大人の場合は、ストレスや食生活など生活習慣の乱れが大きく影響します。

また、女性の場合は生理によるホルモンバランスの変化も原因の一つです。



できやすい場所としては、フェイスラインや頬など、思春期の頃とはできる場所も異なります。ホルモンバランスや生活習慣が乱れると、肌の代謝がうまくいかず毛穴をふさいでしまいます。

ふたをされた毛穴の中にはアクネ菌がいます。
アクネ菌は正常な肌にも存在していますが、皮脂を栄養として繁殖するため、ふたをされた毛穴の中は最も繁殖しやすい状態になります。結果、炎症を起こしてにきびになります。

では、にきびの予防方法ですが、まずは洗顔などで肌を清潔にします。

ジョルダンニュース!選びであなたの手助けをします。

髪の毛は顔にかからないように前髪などはピンで留めます。
そして、手指では触れないように気をつけます。

肌の代謝を促す為に、入浴や運動などで代謝を上げることもおすすめです。


皮脂の分泌をおおさえる為に、油分の多い食事は控えます。



また、チョコレート、コーヒー、唐辛子、にんにくなど刺激物の摂取も控えます。


また、肌が皮脂で気になる場合は乾燥していることがほとんどなので、しっかり保湿をすることも予防になります。

予防をしっかりおこなえば、できてしまったにきびの悪化を防ぐこともできます。