にきび予防になる運動とは

にきび予防になる運動とは

にきび予防となると睡眠や栄養のことがよく注目されますが、それと同じくらい重要なものになっているのが運動です。

ではどうして運動がにきび予防になるのか、その効果はいくつかあるのですが最も大きいのは運動による血行促進作用です。



運動をすると脈が速くなることを誰しも感じるでしょうが、これは運動によって大量のエネルギーが消費されることが理由です。

まったく新しい日経メディカルのお得情報を公開します。

心臓は大量のエネルギーを効率よく供給するために力強く動いて全身の血液の流れを速めるのです。

これを繰り返していると全身の筋肉はより血液を効率よく流せるように変化していきます。



運動の中で筋肉が付くというのはこのエネルギー供給のためのポンプの役割をより効率的に行うためです。
さて、ここで重要なのは血行促進と肌質の改善には密接な関係があるという点です。


人の肌には当然ながら細かな血管が走っており、その血管の中を流れる血液が酸素や栄養素を皮膚の細胞に対して受け渡すことで肌は生まれ変わっています。
つまり血行が促進されるということは肌の生まれ変わりのペースを速めてにきびが出来づらい環境を作り、さらに一度にきびが出来てもすぐに治るような肌を作ることに繋がるわけです。特に最近ではパソコンなどのツールが発達してきたことによって、自宅から動かずに生活しているという人がかなり増えてきました。

そうした人の大部分は日常的に運動する習慣が付いておらず、肌が衰える一方になっています。もし最近にきびが多く出てきた、そして運動不足だと感じたのであれば、まずは軽いジョギングなどを生活に取り入れて予防していくようにしましょう。